本漆高蒔絵『滝山水』
  
本軸には加賀蒔絵作家、大下宗香氏によって『滝山水』が高蒔絵で施されています。漆で模様を幾度も塗り重ね盛り上げた箇所に、数十種類の金や銀の粉を使い分けて描く高蒔絵という技法によって、山間から流れ落ちる滝の情景がより立体的でダイナミックに表現されています。
変化に富んだ銀色の光沢感が美しい生地に、雲型の
飾り紐留めが付いた万年筆袋をご用意しました。
予備カートリッジを収納するポケットが付いており携帯
に便利です。専用の桐箱に同梱いたします。
   

PIZ-600000 600,000
(税抜き)
ペン先 大型18K
ペンポイント 細・中・太
製品仕様
胴、キャップ、天冠 エボナイト軸に本漆高蒔絵
グリップ AS樹脂
クリップ ベリリウム銅に金メッキ
寸法 全長154mm(筆記時全長134mm)×最大径18mm
標準重量 34.5g
パッケージ 桐箱LA出雲(4000063) 包装紙-キク4K のし紙-特大