炭粉高蒔絵『倶利伽羅剣』
  
当社創業者中田俊一が、出雲国のあった島根県出身であることに 由来し、島根県出雲市の協力を得て平成22年に新ブランド 出雲』を立ち上げました。出雲市が認定する「出雲ブランド」にも 認定されております。

このたび『出雲』シリーズとして、漆黒のボディーに、不動明王の化身である倶利伽羅龍王が大剣を飲み込む様を炭粉の高蒔絵で 描いた『倶利伽羅剣』を発売いたします。

龍は伝統工芸の中でも緻密で手の込んだ高蒔絵の技法のひとつ である炭粉上げ(すみこあげ)で、炭粉を幾重にも塗り盛り上げて 立体感を出し、黒漆を刷り込んだ後、艶やかな黒蝋色漆(くろろ いろうるし)で丁寧に表情を描き込みました。大剣は銀の高蒔絵 の上から黒刷り込みを施し、研ぎ仕上げで再び銀を浮かび上が らせました。龍と大剣のコントラストで圧倒的な存在感を醸し出す 絵柄として完成したのがこの『出雲 倶利伽羅剣』です。

不動明王が魔王と神通力比べをした際、1,200万キロメートル 以上ある大剣に変化したところ、対する魔王も同じ大剣に変化しました。 すると不動明王は龍(倶利伽羅龍王)となり、魔王の剣を呑み込もうとしたところ、その吐く息は数万億もの雷が一斉に轟くほどの 凄まじさであったため、魔王は驚いで降伏しました。

『倶利伽羅剣』はまさにそのシーンを、出雲万年筆のボリュームのあるボディーにダイナミックに描きこまれた稀代の逸品です。


   
倶利伽羅剣 専用桐箱
筆衣(ふでごろも)
質感に富んだ黒のちりめん生地に、龍型の飾り紐留めが付いた筆衣(万年筆入れ)をご用意しました。シリーズ色の黒に塗りあげた専用の桐箱に同梱いたします。
   
特別仕様コンバーター
金色で「不動明王」、反対側には不動明王を表す梵字「カーン」を印刷したコンバーターをお付けします。
 
シリアルナンバー
初回生産分600 本に限り、シリアルナンバー(漢数字)を表記。


PIZ-120000K 120,000
(税抜き)
ペン先 大型18 金ペン(18-21)ルテニウムフィニッシュ
ペンポイント 細・中・太
軸色 #1クリカラケン
製品仕様
胴、キャップ エボナイト軸に炭粉高蒔絵
グリップ AS樹脂
クリップ ベリリウム銅にマットルテニウムフィニッシュ
寸法 全長154mm(筆記時全長134mm)最大径18mm
標準重量 33.7g
パッケージ 倶利伽羅剣専用桐箱) 包装紙-キク4K のし紙-特大