プラチナトップページへ English
トップページへ 最新ニュース 掲載記事一覧 会社概要 全国お取扱店 人材募集中 窓口の御案内
平成27年5月25日
乾かない万年筆、#3776センチュリーシリーズに
ワンランク上のロジウム仕様を新発売。

近年人気の、金属部分にシルバー装飾がクールに栄える。
プラチナ万年筆株式会社(本社;東京 社長;中田俊也)では、「乾かない万年筆」の当社代表モデル「#3776センチュリー」にペン先をはじめ、金属パーツにドレッシーなロジウム仕様を施したワンランク上の「ブラックダイヤモンド」「シャルトルブルー」を平成27年6月1日より発売いたします。

ロジウム仕様とは、貴金属であるロジウムを使用した高価な表面処理で、プラチナコート・プラチナ仕上げとも呼ばれます。ジュエリーにも多く施されるシルバー色の輝きは、胸ポケットに差した印象がゴールド装飾のクリップにはない落ち着いた雰囲気を演出します。また、機能的にもメリットが多く、硬度が非常に強いのが特長で、傷が付きにくく、輝きを保ち長年劣化しにくいロジウムは万年筆に最適の仕様と言えます。
万年筆のイメージは金ペンが一般的ですが、近年一味違ったシルバー装飾の人気が男女を問わず高まっており、この状況をふまえて、今回ロジウム仕様の軸色2種類をご用意しました。

「ブラックダイヤモンド」は大人の筆記具としてアクセサリーの要素を持たせるように軸の質感にこだわりました。宝石のブラックダイヤモンドをモチーフに、ブラック軸の深い透明感で他にない一本です。一見、光沢あるブラック軸に見えますが軸自体が透明素材で、光の受け方によって内部構造が透けて見える神秘的なブラックダイヤモンドのイメージを創作しました。

「シャルトルブルー」は世界で最も美しいとされるフランスのシャルトル大聖堂にあるステンドグラスのブルーの色をイメージしたボディカラーです。フランス三大教会の一つシャルトル大聖堂は1979年にユネスコの世界遺産に登録され、歴史的価値あるステンドグラスは11 ~ 13世紀前後のもので世界的にも美しさが有名です。なかでも光に輝く「青」の色は透明感の中に深みがあり「シャルトルブルー」と呼ばれ、他のステンドグラスと比べ物にならないほど印象的な光彩を放ち、人々の心に感動を与えます。この神聖な色をイメージして完成しました。

※シリアルナンバー付きブロッタカード(インク吸取り紙)を初回各2,000本限定に添付。



#7 ブラックダイヤモンド
初回限定2,000本に
ブロッターカード付
#51 シャルトルブルー
初回限定2,000本に
ブロッターカード付



#3776 センチュリー ロジウム 「ブラックダイヤモンド」、「シャルトルブルー」
●品番 PNB-15000CR #7 ブラックダイヤモンド,#51 シャルトルブルー
●価格 ¥15,000(税抜き)
●製品仕様 ペン先 大型14 金(ロジウムフィニッシュ)
胴軸・鞘・カバー・天冠(AS 樹脂) 
カバーリング・金輪・天輪・尻輪(黄銅にロジウムフィニッシュ)
クリップ(ベリリウム銅にロジウムフィニッシュ)
●サイズ 全長139.5mm× 最大径15.4mm 重量20.5g





[お客様お問合せ先]
プラチナ万年筆株式会社
お客様相談係 フリーダイヤル 0120-875-760