プラチナトップページへ English
トップページへ 最新ニュース 掲載記事一覧 会社概要 全国お取扱店 人材募集中 窓口の御案内
プラチナ #3776シリーズとは

 2013年6月、日本の富士山が世界文化遺産に登録されました。#3776シリーズは、日本最高峰の品質を目指し、富士山の標高を表わす数字にちなんでつけられ、そのペン先は 富士山を二重に重ねたデザインとなっています。
 ベースになった万年筆は、昭和53年、作家で万年筆コレクターの、故梅田晴夫氏が中心とする研究グループとともに「理想の万年筆」を目 指して開発したプラチナ#3776。梅田氏は30年間、月平均180 枚の原稿を万年筆で筆記し、1,000 本にも及ぶ万年筆コレクションの中から導き出した条件を実現させた万年筆です。
富士山の標高を製品名に取り入れた事でもおわかりいただけるように、日本を代表する美しい日本文字のための万年筆です。この#3776 も発売から現在まで改良を重ね色々な意見を聞きながら 技術を蓄積してきました。
 

蒔 絵

最高級加賀蒔絵
「宗香」製作

#56 タキサンスイ

万年筆
PTB-600000 600,000
(税抜き)

最高級加賀蒔絵
「宗香」製作

#55 ハママツ

万年筆
PTB-500000 500,000
(税抜き)

最高級加賀蒔絵
「宗香」製作

#55 ハママツ

万年筆
PTB-300000 300,000
(税抜き)

最高級会津卵殻蒔絵
「克彦」製作

#30  ミズバショウ

万年筆
PTB-300000A 300,000
(税抜き)

最高級会津蒔絵
「東雲」製作

#82 オーロラ

万年筆
PTB-200000A 200,000
(税抜き)

高級加賀蒔絵
「香宛」製作

#46 モミジ

万年筆
PTB-150000 150,000
(税抜き))

高級会津蒔絵
「克彦」製作

#56 アオノフ
#70 アカノフ

万年筆
PTB-100000B 100,000
(税抜き)

しっこく あんえいたけとらおうず
万年筆


 60年に1度の壬辰、辰年を記念して造られた万年筆を昨年限定発売致しました。天に勢い良く昇ってゆく様を艶やかな漆黒で力強く描き出しました。今年は虎をモチーフにした万年筆 を世界限定300本で発売致します。
中心に書かれた虎と竹は、伝統工芸の中でも緻密で手の込んだ炭粉上げの技法で、幾重にも塗り重ね、立体感を出し、消墨の厳かな下地絵として、描き込んでいます。さらに虎は、艶やかな黒蝋色漆で目や口、縞模様を描く事でその黒のコントラストを高め、鮮やかに迫力のある絵柄として描き出しました。
図柄は、竹林を自由に堂々と一歩一歩しっかりと歩く虎を描いています。今回の図の意味合いは、竹を人とし、竹林を世界と考え、その中を自由自在に縛られる事なく堂々と生きていく、そんな様を想像し、製作しています。
 虎は縞模様が縦縞で、竹林や密林では判別されにくいので、そこに潜んで獲物を狙うのだと言われています。また、虎は一夜にして千里を駆けるというその速さ、食物連鎖の頂点に位置する事から野獣の王といわれ、その力は、悪霊をも追い払うと言われております。
 竹も同じく火にくべれば、大きな音がしてはじけるところから、悪霊を払うとされてきました。
また、竹は、幹が空洞であり、葉も常に常緑で、堅くしっかり根をはることから、隠し事がなく、自制心があり、慎み深いことをあらわし、透明、純朴、素朴、永久、慈悲の象徴です。竹の節は人の人生をあらわし、物事を一つ乗り越え、突き破っても、上に上がり、精進せよという教えもあります。
 この闇鋭竹虎王図に込められた図柄の強力なメッセージをお客様に届けるべく、1本1本丹精込めて作り込みました。使われる方の心に寄り添い、末永くご愛顧いただければ幸いです。

#1 虎王



コンバーターには篆刻(てんこく)文字で『虎王』と表記

黒漆で落款とシリアル
ナンバーを表記
世界限定300本  

万年筆
PNB-80000T 80,000
(税抜き)

高級会津蒔絵
「克彦」製作

#56 ギンガ

PTB-70000C 70,000
(税抜き)

壬辰 暗輝黒龍 蒔絵万年筆


十干十二支(じっかんじゅうにし)の中で2012年は、壬辰(じんしん / みずのえたつ)の龍です。『壬』の字は『妊』につながり、植物の内部に種子が生まれた状態として9 番目に宛てられました。
古来より中国では、9『九』という文字は時の権力者がのみが持つ最高位を意味し、とても大切な文字として捉えられて参りました。中国語で『九五之尊』は天子そのものを意味します。また、香港での『九龍(チューロン)』地区や『九雲云外(空のかなた、天空の果てという意味です)』にも『九』が使われています。
プラチナ万年筆では、この60年に一度の龍の年を記念して、『壬辰・暗輝K龍』を世界限定で300本の製作を致しました。

#4 黒龍
世界限定300本  完売  2013秋 黒竹虎図を予定しています

万年筆
PTB-70000D 70,000
(税抜き)

高級加賀蒔絵
「香苑」製作

#88 ヤマブドウトリス

万年筆
PTB-60000A 60,000
(税抜き)

加賀蒔絵
「香苑」製作

#85 ポピー
#86 ヤエウメ

万年筆
PTB-50000C 50,000
(税抜き)

加賀平蒔絵万年筆

#40 桜
#82 扇面
#82 山水

伝統工芸の蒔絵を取り入れた♯3776 万年筆がリニューアル致しました。日本の風情を
感じさせる和柄を繊細な技法により表現し、高級感と独特な世界観を演出しています。
機能面では♯3776 センチュリーにも使用されている新型のペン先とペン芯を採用。インク
の流出量やペン先の安定感などの品質も向上し、日本文化とプラチナの技術を融合させた
確かな製品に仕上がっています。


万年筆
PTB-30000B 30,000
(税抜き)

セルロイド

セルロイド唐草 沈プラチナ

#55 カラクサ

PTB-80000SR 80,000
(税抜き)

セルロイド

#50  ミッドナイトオーシャン

※セルロイドについての詳細はこちらからご覧頂けます

万年筆
PTB-35000S 35,000
(税抜き)

セルロイド

#24 キンギョ
#45 グリーン
#62 ベッコウ
#67 イシガキ
 #40 サクラ


万年筆
PTB-35000S 35,000
(税抜き)

マーブルエボナイト

マーブルエボナイト万年筆

#65 ジュピター

万年筆
PTB-50000BM 50,000
(税抜き)

ブライヤー

ブライヤーシェル万年筆

#63 ブライヤーシェル

ブライヤーは、地中海沿岸地方原産のエリカ・アルボリアというヒース科の落葉低木です。 パイプやステッキの柄にも使われるため、熱に強く硬いという特徴があります。25年〜100年を経た株の塊状のこぶ(burl:バール)を使い、万年筆を作ります。 木目の美しさに人気があり、使うほどに光沢が出て、愛蔵の1本になります。
プラチナ万年筆ではこの部材を薄く成型し、軸のすべてがブライヤー(除くカバー部分)としています。 よくご覧頂きますと、その天冠部分の小さい部分までアール(曲面)加工を施しており、 時々店頭において、メーカーの技術者の方からその製法について不思議がられるほどです。

万年筆
PTB-50000BS 50,000
(税抜き)

ブライヤ−


#61 アカブライヤー(濃)
#62 ブライヤー(薄)

※ブライヤーの特徴についてはこちらをご覧下さい

万年筆
PTB-30000BN 30,000
(税抜き)

屋久杉

屋久杉
「岳南」製作

#62 ヤクスギ

万年筆
PTB-50000YN 50,000
(税抜き)

純金「肥後象嵌」

肥後象嵌万年筆

#95 サクラ
#96 イチョウ

肥後象嵌発売 40周年を記念して、複合筆記具 (シャープペン+ボールペン黒・赤 )を発売し、ご好評を頂いております。これにお答えする形で、この度、万年筆を商品化致します。
春の到来を告げる花 "さくら "と、秋の紅葉を彩る"いちょう "。
この日本を代表する2つ風景を切取り純金象嵌の手法で本体中心部分に描き込みました。
江戸の時代から受け継がれた確かな技が、美しい日本文字を書く為に生まれた
Platinum #3776を飾り、歴史の重みを湛える逸品です。

万年筆
PTB-30000Z 30,000
(税抜き)

ギャザ−ド

ギャザ−ド

#1 ブラック

万年筆
PTB-20000G 20,000
(税抜き)

バランス


バランス

#1 ブラック

万年筆
PTB-15000CR 15,000
(税抜き)

バランス

#1 ブラック

万年筆
PTBM-15000 15,000
(税抜き)

センチュリー

センチュリー万年筆〈ミュージック〉

#1 ブラックインブラツク

通常のペン先と比較して、ミュージックは2本のスリットを入れてインク流量を増しています。この為、空気に触れる部分も多く乾燥しやすい欠点がありましたが、「スリップシール機構」でペン先の完全気密ができた為、見事にインクの乾燥を防止しました。
一般的に楽譜を書く為のペン先と言われておりますが、デザイン文字などにも適していると人気が高まり、多彩に用途が広がっています。また、西洋で人気のあるカリグラフィーペンのようにも使用できます。
縦の線は太く、横の線は細く書ける様に、ペンポイントを平らに研ぎだしているのが特徴です。2本のスリットが入り(3分割のペンポイント)なので製造工程が複雑で熟練の技を要します。強弱のある個性的な筆記線が魅力で、角度や筆圧によっても筆跡に変化が見られ、さらに様々なカラーインクを使用することで、より個性的な文字や文章の表現が可能になります。新しく生まれ変わったプラチナミュージックの書き心地を是非、お楽しみください。

※カリグラフィーとは、ギリシャ語で「美しく描く」という意味があり、日本の書道と同じく文字を美しく見せるための手法ですが、 筆記にペンまたはそれに類する道具を用いるため、毛筆を使用する書道とは表現された文字が大きく異なります



万年筆
PNBM-20000 20,000
(税抜き)