プラチナトップページへ     English
トップページへ 最新ニュース 掲載記事一覧 会社概要 全国お取扱店 人材募集中 窓口の御案内

平成28年10月13日
あらゆる衝撃から芯を守るシャープペン、
「オ・レーヌ」シリーズから最強モデル新発売。

初代「オ・レーヌ」の倍の耐芯強度を持つ「オ・レーヌ プラス」誕生



プラチナ万年筆株式会社(本社;東京 社長;中田俊也)では元祖、芯が折れないシャープペンとし て 2009年に「オ・レーヌ」、2014年にはより折れにくくなった「オ・レーヌ シールド」を発売し、今回シリーズ最強の耐芯構造を持つ「オ・レーヌ プラス」を 2016年10月20日に発売します。

落下の衝撃や過度の筆圧からも芯折れを防ぐオ・レーヌシリーズは「芯折れのストレスが減る」、「思考が中断されない」事で学生を中心に好評いただいております。更なる芯折れ防止を目指し、 落下の衝撃による芯タンクの揺れを抑制する「芯タンクガード」構造考案により、耐芯強度がアップしました。これにより落下耐久試験では初代「オ・レーヌ」に比べ「オ・レーヌ プラス」は、 およそ倍の耐芯強度となりました。芯折れは、筆記時以外でも移動中のペンケースの中でも激しい揺れにより発生し、いざ書く時に芯が折れているとストレスを感じます。 これらのあらゆる状況からもシャープペンの芯折れを防ぐために考えられた機能満載のオ・レーヌ プラスを是非お試し下さい。
※高さ 1m から水平落下させペン先カバー内の芯が折れるまでの落下回数を測定。

<オ・レーヌ プラスの新構造>

『芯タンクガード』で落下強度UP!

内蔵のシャープメカのスリーブ部を後方に伸ばす事により衝撃による芯タンクの揺れを抑制し、
芯への負担を低減します。

  上図の様に定規を押さえて弾いてみると振動しますが、支点の位置を動かすことで振動がすぐに治まることがわかります。 オ・レーヌ プラスの「芯タンクガード」はこの原理を取り入れました。  
  ※高さ1m から水平落下させペン先カバー内の芯が折れるまでの落下回数を測定。  

二重構造ペン先カバーの『オ・レーヌ シールド構造』!

オ・レーヌ シールドでご好評をいただいている、二重構造のペン先カバー「オ・レーヌ シールド構造」を採用しました。 外側の壁がボディーを抱え込むようにしっかり結合することで、ペン先カバーとボディーの一体感が増し、曲げ強度がアップ。 次に内側の壁がオ・レーヌ機構全体を包み込むようにガード。外部からの衝撃がペン先カバー内部の芯により一層伝わりづらくなり、 2つの壁がまさに盾(シールド)となり芯折れの発生を軽減します。

信頼の耐芯『オ・レーヌ機構』

芯の折れにくいシャープペンとして実績のある耐芯構造『オ・レーヌ機構』をこの「オ・レーヌ プラス」にも搭載しています。


オ・レーヌ プラス シャープペンシル
品番     MOLS-450
価格  ¥450(税抜き)
軸色 #3 ホワイト #24 チェリーピンク #47 ライムグリーン
#57 セルリアンブルー #98 ガンメタル
●製品仕様 胴軸 /AS 樹脂 +TPE(エラストマー) テーパー、ノックバー /ABS 樹脂
クリップ / 鉄に SnCo(スズコバルト)メッキ
サイズ     全長 152mm× 最大径 10.6mm 重量 8.9g





[お客様お問合せ先]
プラチナ万年筆株式会社
お客様相談係 フリーダイヤル 0120-875-760