プラチナトップページへ     English
トップページへ 最新ニュース 掲載記事一覧 会社概要 全国お取扱店 人材募集中 窓口の御案内
肥後象嵌万年筆

  出典:G7伊勢志摩サミット公式ホームページ http://www.g7ise-shimasummit.go.jp/  
  G7伊勢志摩サミット(2016年5月26・27日)において 安倍総理大臣からG7各国首脳およびアウトリーチ招待国への贈呈品に選ばれました。  



  約四百年の伝統を誇る「肥後象嵌」は地鉄にタガネで細かく溝を刻みその溝に型抜きした純金や金線を打ち込んで細工する象嵌技法です。 江戸時代には、刀の鐔、小柄など刀装金具類に施され武士のダンディズムの象徴として愛用されていました。

重厚で雅味ある「肥後象嵌」は赤サビから生まれた地鉄の美しい黒、華麗に装飾された純金と、熟達の職人技が惜しみなく注がれた精緻な逸品です。
 

「象嵌」とは?

象嵌の「象」は、かたどることを意味し、「嵌」は、はめ込むことを意味します。
象嵌とは、ある材料を異なった材料にはめ込む技術と、その製品を意味します。英語では象嵌はD a m a s c e n e(ダマシン)と呼ばれ、 この言葉はこの技術の発祥とされるダマスカス(8世紀・シリア)から来ており、その技術はシルク・ロードを介して遥か極東の日本にまで 伝わりました。

私たちはこの中でも長い伝統を誇る肥後象嵌を万年筆と複合筆記具に選定致しました。

肥後象嵌作業工程



     
   
 

肥後象嵌万年筆
 

G7伊勢志摩サミット(2016年5月26・27日)において 安倍総理大臣からG7各国首脳およびアウトリーチ招待国への贈呈品に選ばれました。
春の到来を告げる花 「さくら」と、秋の紅葉を彩る「いちょう」。
この日本を代表する2つ風景を切取り純金象嵌の手法で本体中心部分に描き込みました。

江戸の時代から受け継がれた確かな技が、美しい日本文字を書く為に生まれたPlatinum #3776を飾り、歴史の重みを湛える逸品です。
万年筆
PTB-30000Z 30,000
(税抜き)
ペン先 14K
ペンポイント 細・中・太
製品仕様
胴、鞘、天冠 ABS樹脂
カバー AS樹脂
クリップ ベリリウム銅に金メッキ
象嵌リング 鉄リングに純金象嵌
寸法 全長 145mm×最大径 φ14.8mm 
標準重量 19.2g
替消し・替芯 SPSQ-400 SPN-100A コンバーター -500
DPセット ハコ-桐箱(4000114)   包装紙― キク4K のし紙-大
名入れ箇所/方法 カバー・胴・キャップ /手彫り     胴・キャップ /シルク印刷・パット印刷
この商品を印刷する

肥後象嵌発売40周年記念モデル  
シャープペンシル+ボールペン黒+赤

#95 サクラ
#96 イチョウ

複合筆記具
MWB-20000Z 20,000
(税抜き)
芯の太さ シャープペンシル0.5mm
ボールペン替芯BSP-100S(#1・黒、#2・赤)
方式 シャープペンシル/右回転繰り出し式、ノック(キヤップスライド)式、
ボールペン左回転繰り出し式
製品仕様
天冠・胴・鞘 黄銅に黒クロームメッキ
クリップ 鉄に金メッキ
天飾・中間リング・テーパー 黄銅に金メッキ
象嵌リング 鉄に純金象嵌
寸法 全長143.0mm×リング部最大径 φ13.0mm
標準重量 31g
消しゴム ケシゴム-100CN
パッケージ ハコー桐箱(4000114) 包装紙-8K のし紙-特大
名入れ 胴・蓋/シルク印刷・パット印刷
特長
本体中心部リングに、純金肥後象嵌
堅牢で切り替えが容易な金属製3機能 (シャープ+ボールペン黒・赤 )
本体軸部分には、梨地調の黒クロームメッキ仕上げ
この商品を印刷する