プラチナトップページへ English
トップページへ 最新ニュース 掲載記事一覧 会社概要 全国お取扱店 人材募集中 窓口の御案内


 液晶TVなどの家電、携帯電話、太陽光発電システムなど、次々に独創的な製品を
発売するSHARP(シャープ株式会社)の社名の由来をご存知でしょうか?


私達が日頃、シャープペン、シャーペン、と呼ぶ筆記具が、その由来です。 世界に先がけて実用に耐える金属製にしたのが、 シャープの創業者 早川徳次氏なのです。

簪(かんざし)や精巧な金属製品を加工する錺職人(かざりしょくにん) であった早川徳次氏は、1915年(大正4年)に、それまでセルロイド製で 実用に欠ける繰出鉛筆を金属で作り、「早川式繰出鉛筆」として特許を取得。 これが欧米で引っ張りだことなり生産を拡大、早川兄弟商会金属文具製作所を 設立して金属繰出鉛筆を中心にした事業を展開しました。
翌1916年には、これまでにない極細芯の近代的な筆記具を生産、 大正デモクラシーの文化の中、先端文具として一世を風靡しました。 名称も、エバー・レディ・シャープ・ペンシル(常備芯尖鉛筆)と改め、 さらに後にシャープペンシルとなりました。

もちろん、この経緯は、シャープ株式会社の社史にも掲載されています。


 早川徳次氏(シャープ株式会社創業者)による日本で初めての実用的シャープペンシルを発明。


早川徳次氏は明治26年(1893年)に東京日本橋久松町に誕生。
幼少の頃は大変な苦労を経験しながら次第に金属に施す『錺技(かざりわざ)』を身につけていきました。
明治42年(1909年)には職人として店に勤めるまでに成長します。
それからおおよそ1世紀の時が流れた現在、徳次氏が大正4年(1915年)、 22歳の時に制作した日本発の実用的シャープペンシルは資料館で展示されています。

繊細な錺技が施され、現代においてもその斬新な造形は一際輝きを放っています。 内部機構は現代技術を取入れ、0.5mm芯方式にし、外装の手彫り彫刻も 忠実に再現しました。古き良き時代の大正ロマンの神髄を充分に受け継ぎ、 こだわりのアイテムとしてご愛用頂ける名品です。

 当時15本のみ製作された中の1本をもとに、『早川式繰出鉛筆』を複製。



限定複製【早川式繰出鉛筆】
#9 シルバー
※各パーツはイラストでご覧いただけます。

シャープペンシル
M-10000B 10,000
(税抜き)
芯の太さ 0.5mm
方式 回転操り出し式(クリックタイプ)
製品仕様 軸・真鍮に銀メッキ 天冠・真鍮に銀メッキ
天冠錺(かざり)リング・シルバー925(スターリングシルバー)
鉄に銀メッキ
寸法 全長130.5 × 最大径10.8mm
標準重量 22.3g
消しゴム ケシゴム-100CN
パッケージ 桐箱(ハヤカワシキM4000048) 包装紙-8K のし紙-大
品番/JAN 2491090 JAN210204
名入れ箇所/方法 胴/機械彫刻
名入れ書体 ゴシック体(漢字、英文)・筆記体(英文)
 お名入れの見本