ブックタイトルプラチナ製品カタログ_No.17-18

ページ
34/148

このページは プラチナ製品カタログ_No.17-18 の電子ブックに掲載されている34ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

プラチナ製品カタログ_No.17-18

シャープペンシル ボールペン(黒) ボールペン(赤) ボールペン(青)(0.5袢) MWB-3000F ・・・・・・・・・・・・・・\3,000(税抜)商品品番・記号 #1……2808010 JAN-4977114-211317  #3……2808030 JAN-4977114-211324  #18 …2808180 JAN-4977114-211331  #41 …2808410 JAN-4977114-211348  #56 …2808560 JAN-4977114-211355  #57 …2808570 JAN-4977114-211362  #68 …2808680 JAN-4977114-211379  #70 …2808700 JAN-4977114-211386  #98 …2808980 JAN-4977114-211393芯の太さ ― シャープペンシル0.5㎜(シャープメカ-500IB)ボールペン替芯BSP-100S(#1・黒、#2・赤、#3・青)0.7㎜油性染料インク方式 ― シャープペンシル/右回転繰り出し式・ノック(キャップスライド)式ボールペン/左回転繰り出し式製品仕様 ― アルミボディー(リサイクル可能素材)にアルマイトサテン加工+黄銅クロームメッキパーツ、シャープペンシルとボールペン(3色)が一体となった複合ペン寸法 ― 全長142.6×最大径12.5㎜ 標準重量23g消しゴム ― ケシゴム-100CNパッケージ ― C4NB(4000051) 包装紙 ― キク8K のし紙 ― 中名入れ箇所/方法 ― 胴・蓋/パット印刷・機械彫刻(電子彫刻不可)名入れスペース ― 12×38㎜〈特長〉●ビジネスパーソンを応援すべく豪華さと気品を湛えた4機能複合筆記具です。軸材には金属の質感を強調する立体Vカットを施し、動かす度にキラキラと輝きます。機能的にも滑り止めの効果があり、緊張の場面でもぴったりとホールドして大切な場面をフォローします。 軸材の表面処理も業界初の試みでサテン加工を施し、従来のパール加工の柔らかな輝きに比べてサテン調の華やかな輝きは、プレゼンテーション等の場面で一段と効果的なアシストが期待出来ます。 従来は立体Vカットに名入れ印刷は出来ないと云う常識でしたが、特殊なVカットを採用する事でパット印刷や機械彫刻での名入れを可能にした価格以上の価値ある逸品です。#1 ブラック#3 アイスホワイト#18 フレッシュピーチ#41 グリーン#56 ブルー#57 フロスティブルー#68 クールパイン#70 エンジ#98 ガンメタル★商標登録済シャープペンシル0.5+油性ボールペン黒+赤+青シャープペンシル ボールペン(黒) ボールペン(赤) ボールペン(青)(0.5袢) MWB-3000G ・・・・・・・・・・・・・・\3,000(税抜)商品品番・記号 #1……2754010 JAN-4977114-211027  #53 …2754530 JAN-4977114-211034  #70 …2754700 JAN-4977114-211041  #78 …2754780 JAN-4977114-211058  #98 …2754980 JAN-4977114-211065芯の太さ ― シャープペンシル0.5㎜(シャープメカ-500KC)ボールペン替芯SBSP-120S-(EF0.5)(#1・黒、#2・赤、#3・青)低粘度油性染料インク方式 ― シャープペンシル/回転繰り出し式・ノック(キャップスライド)式ボールペン/回転繰り出し式製品仕様 ― 黄銅にメタリック塗装ボディー、シャープペンシルとボールペン(3色)が一体となった複合ペン寸法 ― 全長137×最大径11.6㎜ 標準重量30.2g消しゴム ― ケシゴム-100A1パッケージ ― C4NB(4000051) 包装紙 ― キク8K のし紙 ― 中名入れ箇所/方法 ― 胴・蓋/シルク印刷・パット印刷名入れスペース ― 11×33㎜〈特長〉●ボディーの下地着色塗装後、1本1本手作業で磨き上げ、仕上げ塗り後の表面を鏡面に仕立て、高級感のあるミラー光沢仕上げを施しました。#1 シャインブラック#53 シャインブルー#70 シャインレッド#78 シャインゴールド#98 ガンメタル★商標登録済シャープペンシル0.5+低粘度油性ボールペン黒+赤+青(サラボ)32 複合筆記具複合筆記具¥3,000(税抜) ◎お名入れ、パッケージ等についての詳細は98~107ページをご覧ください。